青の洞窟で沖縄ダイビング

神秘的な青の洞窟は沖縄でも超人気のダイビングスポットです - 個性的な神秘性を出す「ラビリンス」

個性的な神秘性を出す「ラビリンス」

海の世界はとても綺麗で好きだけれども、それに神秘性が加わったような世界をさがしているダイバーにおすすめできるポイントは沖縄の“ラビリンス”です。

本島から北の東シナ海に浮かんでいる瀬底島は小さい島で静かなビーチをもっています。
けれども地形的なポイントでもあることから“ラビリンス”と呼ばれているのです。

海中では、アーチや洞窟を沢山見る事が出来て、トンネルも登場します。
そして横穴などもある為にライトは必要なく神秘的な世界を肌で感じる事が出来るのです。

太陽が射しこんだ時に自分にスポットライトが当てられてるような感覚に陥ることからでもとてもすがすがしく海中散策が出来るのです。
しかものんびりしているエリアですので、プライベート感もあり気持ちよく遊べるのです。

トンネル内ではアカマツカサやリュウキュウハタンポそしてイセエビが住んでいて、キンチャクガニやツマジロオコゼも生息しており、様々な海の生き物に遭遇出来ます。
ダイビング初心者が潜る場合は、水深が15メートルを超える為に経験を積んだバディと一緒にダイブするようにしてくださいね。

神秘性を求めた浮遊散策するにはこの瀬底島、またの名を“ラビリンス”が一番似合っているポイントではないのかなと思います。

[[関連記事]]